口の美容整形

口唇の美しさは、鼻とアゴとのバランスに影響されます。
また口唇はその大きさが問題になることが多いようです。
口唇の美容整形手術の多くは局所麻酔で行われます。

口唇縮小術

口唇縮小術は口唇を薄くする手術です。
口唇肥大症(いわゆるタラコ口)に対して行われます。
口唇が引き締まっていると、顔全体も引き立って見えますから口唇の形も美人の条件となります。
この厚い口唇は口腔内の粘膜部分が過剰に飛び出しているわけですから、余った口唇粘膜を正常な状態まで切除すればよいのです。傷跡は口唇皮膚部と口唇粘膜部との境界線にくることになります。


余った口唇粘膜を切除します。

口唇増大術

口唇増大術は、逆に口唇を厚くする手術です。
口唇はよく動く部位なので、脂肪注入はその定着率がよくありません。
術後ほとんどすべて脂肪が吸収されてしまうことが多いのです。
ヒアルロン酸注入は半年ないし一年で吸収されてしまう一時的効果がありますが、手軽さが長所です。
永久的効果としては手術があります。筋膜や長掌筋腱の移植です。人工物としては、ゴアテックスがあります。ただし、異物ですから異物性肉芽腫をおこすことがあります。その時は異物性肉芽腫を切除します。

上口唇に筋膜や長掌筋腱あるいはゴアテックスを移植して口唇を厚くします。

口唇前転術(V-Y法)

口唇前転術は口唇粘膜部にV-Y法による進展弁を形成する方法です。

上口唇には3か所、下口唇には2か所、V字形に粘膜切開をし、それぞれをY字形に縫合し口唇を前転させるのです。

口角挙上術

口角挙上術(口角リフト)はハの字型に下がった口角部を上げる手術です。

口角部の皮膚を切除して口角をリフトさせます。その部位に傷跡が残ります。