美しい小顔条件

患者様の美しい小顔実現のため、輪郭全体のバランスをトータルに考え、最も効果的な方法を診断することが大切です。
小顔形成においては、各部位が単独で目立って突出している場合には、その部位の単独手術で良い結果が得られます。一方、漠然と小顔にしたいという要望も多く、その場合には単独手術では目的を達成しないことがあります。つまり小顔形成術を行う際に、単独手術で良いのか、あるいは複合手術が適してするのか、その診断が非常に重要になってくるということです。



頬骨形成術を単独で行う場合には、エラとのバランスを考慮する必要があります。
下顎角(エラ)よりも細くすると、かえって相対的にエラが強調され、下ぶくれにみえる印象なることがあります。また下顎角(エラ)切除術を単独で行う場合には、頬骨、オトガイ(アゴ)とのバランスを考慮する必要があります。
下顎角(エラ)のみを改善すると、頬骨の張り出しやオトガイ幅が強調されることがあります。