骨削り|アゴ(顎)


オトガイ形成術、水平骨切り術、垂直骨切り、アゴ先骨切り

 長いアゴや前突しているアゴ等に対しては水平骨切り術による中抜きが適応となります。オトガイ形成術は全身麻酔下に、下口唇の裏側を切開する口腔内アプローチで行います。中抜きした後は、ワイヤーまたはプレートで固定します。小顔にするために垂直骨切り術による中抜き手術を行う時もあります。

口腔内アプローチ(Ellis&Zideの論文から引用しました)

あご骨の水平骨切り術による中抜き手術



あご骨の垂直骨切り術による中抜き手術


あご骨の垂直骨切り術による中抜き手術の症例写真



水平骨切り後、アゴを前に出すアゴ出し手術はフェイスラインを整える効果があります。

アゴ出し手術(Byrdの論文から引用しました)

アゴ先骨切りはアゴ先を細くする目的で行います。

アゴ先骨切りアゴ先骨切り


アゴ先からエラ近くまで骨切りするアゴVライン骨切り術も人気です。
あごVライン骨切りあごVライン骨切り